眼科|北海道|札幌|東区|白内障|多焦点眼内レンズ
 


 ・抗VEGF阻害薬

 ・光線力学的療法

加齢性黄斑変性症とは

網膜の黄斑部が障害される病気です
黄斑部には視力に影響する細胞がたくさん集まっています。
また黄斑の中心部には中心窩という部分があり、その部分に異常があると、視力の低下がさらに深刻になります。
加齢性黄斑変性症は、黄斑部の機能が、加齢等の原因によって障害される疾患です。脈絡膜から発生する新生血管(脈絡膜新生血管)の有無で「滲出型」「萎縮型」に分類されます

「滲出型」加齢性黄斑変性症
脈絡膜新生血管が発生し、出血することにより網膜が障害されて起こるタイプです。進行が速く、急激に視力が低下していきます。

「萎縮型」加齢性黄斑変性症
網膜の細胞が加齢により変化し、老廃物が蓄積して栄養不足に陥ります。その結果、徐々に萎縮していきます。進行が穏やかなため、気づかない人がいます。

しかし、時間とともに新生血管が発生し「滲出型」に移行することもありますので、定期的に眼科医で検査を受ける必要があります。
 
症状

中心部がぼやけたり、ものが歪んで見えます
 
治療方法について
 
ルセンティス
  ルセンティスとは、加齢黄斑変性症の治療薬で、脈絡膜新生血管の成長を活発化させる体の中のVEGF(血管内皮増殖因子)という物質の働きを抑える薬です。薬を眼の中に注射することで、加齢黄斑変性症の原因である新生血管の増殖や成長を抑えることが可能な治療法です。
治療内容
  ルセンティスによる薬物療法は、導入期と維持期で異なります。導入期では、月1回ルセンティスを白目の部分から眼の中心の硝子体という場所に向けて注射します。これを3ヶ月間繰り返します。その後の維持期は、眼の診察や検査で症状をみながら、必要に応じて注射します。検査は必要に応じて月1回、視力検査と眼底検査、場合により光干渉断層撮影等を行います。
点眼消毒・麻酔 注射
 
 
 
 
治療のスケジュール
 
●1年間のスケジュール例(主治医とよく相談してください)
 
 
光線力学的療法(ビスダイン療法)
加齢性黄斑変性症によって発生した新生血管の進展を外科的手術を行うことなく遅らせる。あるいは退縮させることが可能な治療法で、視力の維持または視力の改善が期待できる治療法です。
治療方法
 

@光に反応する薬剤(ビスタイン)を体内に注射した後
A病変部にレーザーを照射する
という2段階で構成される治療法です。